注目の投稿

ブログ始めました

不定期ですが工房ふるかわやの日々の取り組み、櫛の豆知識、イベント情報などを発信していければと思ってます。

2018年9月30日日曜日

お六櫛の素材「みねばり材」

お六櫛の素材で欠かせない「みねばり材」
先日その仕入れに行ってきました。

「みねばり材」は別名「斧折樺(オノオレカンバ)」と呼ばれています。
名の由来は、硬すぎて斧が折れるという意味・・・そのままです。

水に沈むほど比重があり、山から張り出したように生息。そんな過酷な環境に生きるため年に0.2ミリほどしか太くならず、その成長はきわめてゆっくり。

それゆえ、ほかの木には見られないほど密度が高く緻密な細胞組織になります。

硬いだけでなく粘りがあり、狂いも出ないことから、お六櫛のような細かい歯の櫛の材としては最適と昔から愛されてきました。

今回仕入れた「みねばり材」も実に見事に目が詰まっていて、二寸厚に挽いた一枚の板ですら、一人では到底持ち上げれない重さです。

腰をやらないように二人がかりで丁寧に積み込み。

非常に美しい木目です。

この材料はすぐにお六櫛にならず、一旦倉庫でじっくり寝かせ乾燥させます。
最低10年以上。

櫛になるのはそのずっと先の話。

気の長い話ですが、ゆっくりと呼吸させながら自然乾燥した材料で当工房ではお六櫛を作り続けております。

もしかしたら、私の代では櫛にならないかもしれませんが、未来の後継者が困らないよう今のうちに仕入れておきます。

ずーっとそうやって歴史を後世に託し、紡いできた伝統工芸「お六櫛」。



本日もご先祖様が仕入れてくれていた「みねばり材」で櫛作り。


実に良い櫛ができました。




⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年9月26日水曜日

まつやま大手門くらふとフェアー'18 終了

週末は「まつやま大手門くらふとフェアー'18」へ出展してきました。




約一年ぶりの外イベント。

搬入と初日は雨降りでしたが、それを帳消しにするほど二日目は大変良い天気となりました。

ジリジリ暑い日差しのお陰で濡れた雨具やテントはみるみる乾き、その中で時折通り抜ける冷えた秋風が実に心地よかったです。

遠方からもわざわざお越し下さったお客様も多く、ネットで購入することに抵抗があったので直接手に取り選べて嬉しいと喜んでいただけました。

お六櫛は無垢無塗装仕上げの木製品の為、直射日光や湿度が影響する屋外イベントでの販売は本来あまり好ましくないのですが、そういったお客様のために今後もできるだけ日本各地の屋外イベントへの出展を続けて行きたいと思います。

ご来店いただきましたお客様誠にありがとうございました。

今後の出展イベントは下記よりご確認ください。

⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年9月19日水曜日

まつやま大手門くらふとフェアー'18 出展ブース


今週末は山形県酒田市で開催の「まつやま大手門くらふとフェアー'18」に出展します。

木工、金工、陶器、布、革・・・
様々な物づくり作家さんが全国からおおよそ120店舗集結します。

当店のブースは「18」

会場図を見る限りですと、段差の上の方かな?
「会場図」

今回は約一年ぶりの外イベントということで、お六櫛以外の作品にも力を注いでます!

「鳥笛」


「風車」


もちろん丹精込めてお作りしたお六櫛もたっぷりとご用意しております。

「お六櫛(全15種類)」

暑かった夏もようやく落ち着き、過ごしやすい季節となってきました。
初秋の散歩がてら今週末は是非「まつやま大手門くらふとフェアー'18」に足をお運びください。

作家一同お待ちしております(^^)



⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年9月14日金曜日

立山 剱岳 登山


先日は久々のテント泊による登山。
テン泊登山はかれこれ20年ぶり!



当時は、王道の北アルプス涸沢カールにてテン泊初体験。
10月中旬くらいの紅葉が綺麗なシーズンに行ったのですが、夜まさかの雪!!

まだまだ登山経験が浅かったので大した防寒着も持っておらず…。
あらゆる物を身体に巻き付け少しでも放熱を抑え18時にはペラペラのシュラフに潜り込みましたが、一睡もできず朝までガタガタ震えておりました…。

あの恐怖の一夜以来、外でテント泊している人達を横目に登山はずっと山小屋泊でした。

ただ、最近なんとなく物足りなく感じ…。
山小屋泊もそれはそれで楽しいのですけどね。

テントの性能はあらゆる面で当時と比べ物にならないほど向上しているので、この程再びテン泊に挑戦してみました。

場所は立山縦走からの剱岳。

初日、トロリーバス⇒ケーブルカー⇒ロープウェイ⇒トロリーバスと乗り継いで立山ターミナルまで行き、立山(雄山、大汝山、真砂岳、別山)を縦走後、剱沢キャンプ場でテント設営。


さて、いよいよテントで就寝。
時期的に流石にまだ雪はないだろうと思っていましたが、先日北海道で氷点下のニュース!油断できないです。
防寒着をしこたま持って行きましたが、結果使用せずにぐっすり安眠。

決して穏やかな夜ではなかったのですが(雨に風に・・・)耳栓一つでゆっくり休めました。


二日目の出発は3時半。
アタックザック一つでいざ剱岳頂上へ!

山頂までの3時間ずっと雨とガスでせっかくの絶景が全く見えず。

ただ、ガスのおかげで途中のクサリ場はそれほど怖くない・・・



…ウソです💦


北アルプスでも有数なクサリ場をなんとか越え、ようやく頂上到着するもやっぱり何も見えず。


本当なら360度大パノラマが広がっているはずなのに…

そういえば、以前に登った槍ヶ岳山頂でも同じような天気だったことを思い出し、つくづく運がない自分に絶句。

こうして比較してみると槍ヶ岳の祠は強風で飛ばされそう…

雨も強くなってきたのでゆっくりする間もなく下山開始。
テント場に着く頃には空は晴れ上がってました。

ほんと運がない。


今回、本当に久しぶりのテント泊でしたが想像以上に快適でくせになりそうです。
当然荷物は重くなりますが、それ以上に得るものが多数あります。

中でもやっぱり、自分の寝床と食料を自分自身で用意して楽しむ登山は、山小屋泊では味わえない達成感がありました。

また、時間作って挑みたいものです。
さて、次はどの山に行こうかな…






2018年9月9日日曜日

試される日本


まず、台風や北海道地震で被害に合われた方に心よりお見舞い申し上げます。

今年に入り、西日本豪雨、大阪北部地震、記録的猛暑、台風21号、そして北海道の大地震。
そして昨日台風22号発生のニュース…

「災害は忘れたころにやってくる」との言葉が虚しくなるほど次々と襲いくる異常気象。
しかも日本中まんべんなく…

もう日本に絶対安全な場所や時期ってのはないんですね。

自分はたまたま今日までは無事だっただけで、明日には避難所で毛布に包まりながら呆然としている可能性だって十分に考えられます。

そんな時、これからどうしよう…と考えるより、こんな日が来ることは想定内!
避難所でも櫛を作り続けて被災者に配ってやる~!くらいの勢いで日々防災意識を強く持ち続けたいものです。

そんなことを頭の片隅でボーっと考えながら、本日は梅のお六櫛作り。


良い櫛ができました。



2018年9月7日金曜日

今後の出店情報更新しました


12月1日(土)~12月2日(日)開催の「クリエイターズマーケット vol.39」に出展することとなりました。

まだまだ先のイベントですが、今から商品やディスプレイを入念に検討し、お客様に楽しんでいただけるようなお店づくりを考えていきたいと思います。

また近くなりましたらブース番号などの詳細をお知らせ致します。

12月最初の週末、自分へのご褒美、はたまたクリスマスプレゼント探しに是非に遊びにきてくださいね。

お待ちしております(^^)





⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ