注目の投稿

ブログ始めました

不定期ですが工房ふるかわやの日々の取り組み、櫛の豆知識、イベント情報などを発信していければと思ってます。

2018年6月29日金曜日

新商品「猫の手付き櫛」


当工房で人気の高いお六櫛「猫櫛」

以前に一度だけ、この猫櫛をベースにした手付き櫛を制作したことがあります。

今回、更に使いやすいように持ち手部分に改良を加えてみました。

ただ、肉球部分の象嵌(違う木を埋め込む)が中々難しく、商品化するにはもうひと工夫必要かな^^;

とりあえず何本かは出来たので、明日から始まるクリエイターズマーケットvol.38で販売したいと思います。

数がなく、店頭には並べませんので欲しい方は直接スタッフにお声がけください。
売り切れの場合はご容赦くださいm(_ _)m



2018年6月26日火曜日

第8回秋田ふるさと村 アート&クラフトフェア 終了しました


6月22日~24日と三日間の日程で開催された「第8回秋田ふるさと村 アート&クラフトフェア」が終了しました。

開催初期から参加させていただいている大好きなクラフトイベントの一つです。
初めの頃はまだお客さんも少なく、こじんまりとしていた印象でしたが、もうすっかりビックイベントに成長してます。

今回は期間中ずっと最高の天気で、屋外屋内共に大勢のお客さんで溢れてました。



スタッフの皆さん、出展者の皆さんお疲れ様でした。
ご来店くださいましたお客様、どうもありがとうございました。

来年も是非参加したいと思います。


⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年6月19日火曜日

つげの花札かんざし


木工業を営む者として端材を捨てる時に躊躇してしまいます。

その材料が貴重になればなる程ちょっとした切れっ端でももったいなくて捨てられない。



例えば、100年寝かせた木。

100年前というとちょうど第一次大戦が終戦した年。

その頃にはすでに切り倒され「何か」になるために準備されていたことになります。

100年間ずーっと寝かされ続け、、やっと商品になった部分はいいけど、端の部分は・・・

辛い時も悲しい時も、共に過ごした一本の木なのに、心材部分は作品になって未来永劫愛され、一方の端のいらない部分は邪魔だと燃やされる・・・

なんとも悲しい話です。




今回はそんな100年間寝かせた柘植(つげ)の端材で作った「花札かんざし」をご紹介。
【花札かんざし ~猪鹿蝶~】

つげ独特の綺麗な黄茶色はもちろん端材でも健在です!

ちなみにこの柘植の端材は、花札にならなければ冬の暖房としてストーブの中に消えてました。

今後も歴史ある端材を利用した作品(当然小さな物ですが)をできるだけ生み出していけたらな~っと思います。


⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年6月16日土曜日

デザインフェスタvol.48に出展します


11月10日(土)~11日(日)に開催されます「デザインフェスタvol.48」に出展することが決まりました。

■開催日■  11月10日(土)~11日(日)
■時間■   全2日間 11:00~19:00
■会場■   東京ビッグサイト西ホール全館
■入場料■  ※公式ページよりご確認ください


今回は初の3ブース確保!
店舗間口が5.4mもあります。

なので展示ディスプレイを一新し、全く違うテイストで参加したいと考えてます。
「より見やすく、より分かりやすく、ついつい足を止めてしまうお店」をモットーに。

11月までまだ時間があるので、それまでにアイデア練って挑みたいと思います。



⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年6月13日水曜日

クリエイターズマーケット vol.38 出展場所のお知らせ

いよいよの梅雨入りですね。
そんな中、今月末から秋田→名古屋→東京と3週連続でイベントに出展します。
詳細は2018年出展情報を御覧ください。
幸いすべて屋内の出店なので雨風の心配がないのが救いです。
ご来店予定のお客様は、どうぞお気をつけてお越しください。


さて、6月30日~7月1日にポートメッセなごやにて開催されます「クリエイターズマーケット vol.38」での出店場所をお知らせします。

【E-48,49(3号館)】

※会場の場所や時間、入場料等はイベント公式ホームページにてご確認ください。
クリエイターズマーケット vol.38公式ページ


~ご注意~
※イベント販売時のお六櫛の価格は、ネット販売価格と若干異なります。イベントごとの様々な諸費用や経費などを加味し、できるだけお客様に還元できるよう努めております。
※イベントや催事にて展示販売できる商品の種類や数には限りがございます。ご希望の商品がイベントで並んでいない可能性もございますので何卒ご了承ください。


さて、今回のクリマではお知り合い作家の『jucon』さんがメインビジュアルを努めます。
メインビジュアルとはいわゆるクリマの顔です。
この作家さんは基本木工ベースなのですが、独自で作り上げた塗装技術を用い、まるで金属のような不思議な作品を生み出します。長年お付き合いさせて頂いておりますが、常に既成概念をぶち壊す発想力には毎回驚かさせられます。
レトロでアンティークだけどなぜか新しい不思議な世界観にきっと引き込まれると思いますよ。
間違いなく必見ですので、クリマに訪れた際には是非足をお運びください。
といってもクリマメインビジュアルですので、ブースはイベント会場入り口ど真ん前の特設ブースですので必ず目に留まる場所です。



⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ


2018年6月11日月曜日

『株式会社工房ふるかわや』設立のご報告

 
この度、工房ふるかわやは6月6日をもちまして、
『株式会社工房ふるかわや』として新たにスタートすることとなりました。

今後もお客様のご期待にお応えできるよう、一つ一つ大切に丁寧に、ご満足いただける商品作りを心がけてまいります。

何卒変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社工房ふるかわや 代表取締役 古畑正平


2018年6月5日火曜日

第51回木曽漆器祭 終了しました


先週末は第51回木曽漆器祭が開催されました。

3日間のイベントでしたが素晴らしい天気に恵まれ多くのお客さんで大賑わい。

そんな中、当工房も「道の駅木曽ならかわ」にて伝統工芸品「お六櫛」の実演販売を行わせていただきました。

県外からも当工房目当てに、遥々訪れてくださった方もいらっしゃり、大変嬉しく思います。

ご来店いただきましたお客様、誠にありがとうございました。


⇒⇒2018年イベント出展情報
⇒⇒工房ふるかわや公式ページ

2018年6月2日土曜日

VOGUEにさゆき櫛が紹介されました


数週間前から、当工房で取り扱っているさや付きのお六櫛「さゆき櫛」についての問い合わせやご注文が凄まじいことになっております。


昔から、知らないところで知らないうちに紹介されていることはよくあったので、どこかのメディアに取り上げていたたいたのだろうぐらいに軽く考えておりました。

ところが今回はあまりにも反響が大きく、どこで紹介されたのか気になり調べてみましたが全く分からず・・・。

あきらめて途方に暮れておりましたが、前回出展のヨコハマハンドメイドマルシェにて、わざわざ「さゆき櫛」のことをピンポイントで聞いて来られるお客さんがご来店。

これはもしやと思い、「この櫛はどちらでお知りになりましたか?」と尋ねると、ヴォーグで見ました~とのこと。


・・・ヴォーグ?

最初は何のことか分からなかったのですが、そのお客さんからVOGUEという名の雑誌があることを教えてもらいました。
(無知ですいません・・・)

VOGUEはネットでも見れるとのことでしたので、その場でお客さんと一緒にチェック。

確かにそこにはうちの櫛が載ってました。

【vogue】髪が生き返る! ファッション・ディレクターの必需品はみねばりの櫛。【手のひらの宝物】

ようやく、情報の出所が分かり胸がすっとしました。

教えてくれたお客さんには大変感謝してます♪
どうもありがとうございました。


ただ知らないところで話題になるのは嬉しい反面、怖い部分がありますね…^^;


⇒⇒2018年イベント出展情報